お電話でご相談Tel.0120-361-088
平⽇
12:0020:00
⼟⽇祝
9:0020:00

Wedding Column

結婚準備の基礎知識

最終的に予定の金額よりもお金をかけたという話を聞いたことがありますか?
最初の見積もりよりも+100万円!なんてこともありえなくはありません。
ではなぜ予定と変わってしまうことがあるのでしょうか。

結婚式場を決める際、どんな雰囲気の会場が良いかや、こだわりたいポイントで探す方が多いため、具体的なやりたい内容まで決まっている方は多くありません。
つまり最初の見積もりは一般的に必要なものを提案してくれることが多いのです。

準備が進み、おふたりらしさを模索していくとやりたいことがイメージできていくので、金額が変わっていきやすいと言えます。
ただ、準備の中で変わっていく費用については納得しながら進められるように都度案内してもらえます。
もちろん、最初に今の見積もりから何をプラスされる方が多いかなどのアドバイスももらえるので、しっかり聞きましょう。

今回は、特に金額が変動しやすいものはどんなものなのか教えちゃいます♡

①ゲスト様

まずはおふたりが結婚式に招待したい方をピックアップしましょう。
なぜなら、人数によっては招待状や引出物の『数』が変わってくるからです。
最初の見積もりのときは大体の数で出してもらっていても、決まったときに人数が違うとおのずと招待状や引出物の数も変わってくるので、値段も変わってきます。

②引出物

引出物の相場は、当日貰う『ご祝儀を想定した金額の1/10』と一般的には言われています。
たとえばご祝儀は友人だと3万円が多いため、引出物の相場は3000円前後が良いでしょう。
ただ3000円はあくまでもメインの引出物の金額なので、これに+引き菓子を1000円前後、縁起物で1000円前後として大体1人あたり5000円が相場になります。
もちろん相手との関係によっても変わってくるものなので、考えの1つとして覚えておくと良いですね!

③お花

結婚式のお花はおふたりの式に合わせて1番キレイに咲くよう準備をしたり、多めにお花を準備しておき、キレイなお花だけを使ったりするのでお花屋さんで購入するより高額だと知っていましたか?
見積もりに入っているお花のボリュームを見せてもらうとイメージしやすいかもしれません!
最初の見積もり以外にも、どのようなお花を飾る方が多いのか聞いておくと参考にもなりますし、結婚式のイメージが少しでも湧いているのであれば、どのくらいプラスでかかるのか聞いてみるのもいいですね。

➃お料理

お料理はグレードを分けてある会場もあります。お料理にこだわりたい方もいれば、違うポイントにこだわりたい方もいるためです。
お料理にこだわりたい方は、最初の見積もりを作るときに伝えましょう。
また、会場の中にはウェルカムドリンクや、ウェディングケーキもオリジナルで用意できるところもあり、金額も変わってくるようです。

⑤衣裳やヘアメイク

ここは妥協したくない!と思っているご新婦様も多いのではないでしょうか。
相場を聞いて、あえて少し高めの金額を入れておくとよいかもしれません。
また、お色直しやメイク直しも視野にいれ見積もりに入れておくのがオススメです。
他にも衣裳の持込料があるかどうかなども、確認しておくと安心かと思います。

一生に一度と思うとやりたいことが増えていくと思いますが、ご予算とやりたいことを比べながら無理をせずに進めて行けるといいですよね!

記事を書いた人

マロンウエディング / 編集部

人生の中で最も輝くヒトトキを楽しく幸せに過ごしていただけるように願いを込めて、おふたりにぴったりなブライダルスタイルをみつけるヒントや、知っているとお得な情報、ためになるノウハウをお届けしていきます。

結婚準備の基礎知識